エックスサーバー株式会社が運営するX2(エックスツー)サーバーは、人気レンタルサーバーの中では月額料金や初期費用が高いので、正直手を出しづらいサーバーです。

しかし、同社が運営するエックスサーバーの負荷耐性をさらに向上させた上位サーバーとして位置づけているため、自由度・機能性は申し分ないです。

負荷耐性の向上のためにエックスサーバーよりも容量を絞っていますが、MySQL無制限や独自のキャッシュシステムを搭載しています。

X2サーバーのプランと基本機能

スタンダード アドバンスド
容量  100GB 200GB
 転送量 70GB/日 90GB/日
MySQL 無制限 無制限
マルチドメイン  無制限 無制限
サポート メール 電話・メール
初期費用 6,000円(税別) 6,000円(税別)
月額料金 1,800円(税別) 3,705円(税別)
お試し期間 14日間 14日間
スタンダードとアドバンスドは容量・転送量・サポートが違ってきますが、大規模サイトを複数所持していたり、WordPressブログ・サイトを大量に制作しない限り、スタンダードで十分です。逆に100GBを使い切る方が大変なくらいですね。

申し込み・会員登録方法

まず、X2サーバーは会員登録をして会員IDを取得する必要があります。その後、ドメインならドメイン契約・サーバーならサーバー契約をする形式を取っています。

2段階で申し込みをしなければいけない面倒さがありますが、会員登録の方法を紹介していきます。

X2(エックスツー)サーバーの会員登録方法

X2サーバー にアクセスして「お申し込み」をクリックします。

X2サーバー会員登録

「お申込みフォーム」をクリックします。

利用規約

利用規約・個人情報の取り扱いについての内容を確認して「同意する」をクリックします。

メールアドレスの登録

メールアドレスを入力して「確認メールを送信」をクリックします。クリック後、認証IDを入力する画面になるので、画面は閉じないでおきましょう。

また、登録メールアドレスに利用出来るのは、フリーメールでもOKです。

申し込み確認メール

登録したメールアドレス宛てに、確認メールが届きます。その中に認証IDが記入されているので確認しましょう。

認証IDの入力

認証IDを入力して「登録フォームへ移動」をクリックします。

会員登録フォーム

登録フォームに必要な内容を記入していきます。法人契約の場合は、契約種別のドロップダウンメニューから「法人」を選択して、会社名を記入します。

個人契約の場合は、記入の必要はありません。また、電話番号は携帯電話番号でもOKです。全て記入が終わったら「確認画面」をクリックします。

会員登録フォーム確認画面

記入した内容を確認し、間違いがなければ「確定する」をクリックします。

X2メンバー管理ツール

自動的にリダイレクトされ、X2メンバー管理ツールに移動します。これで登録は完了です。

MATO-MEMO

当サイトはX2サーバーを利用していますが、エックスサーバーからのお引越しでした。管理画面はエックスサーバーよりも古臭い感じはしますが、使い方はほぼ変わりません。

ブログ・サイト運営で気になるサイト表示速度は、体感的にエックスサーバーよりも速く感じます。大規模な複数サイト・表示速度にこだわる方には良いサーバーかと思います。

会員登録が完了したら、X2サーバーの契約へと移行しましょう。

この記事が役に立ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアクロニウムをフォローしよう!