レンタルサーバー契約したら欠かせないのがFTP転送ソフトで、定評のあるFFFTPとFilezillaの設定方法を紹介します。

FTP転送ソフトは、WordPressの手動インストール時やテーマファイルの修正時などに使います。特にファイル修正はWordPressの管理画面からでも可能ですが、

ファイル修正のミスによって画面が真っ白になって一切操作出来なくなったりするので、ローカル(デスクトップ上)で修正してから、Filezilla等でアップロードする方が効率的です。

ロリポップサーバーのFTP情報確認と設定

ロリポップFTP情報確認

ロリポップサーバーで契約が済んだら、ユーザー専用ページでFTP情報の確認が出来ます。サイドメニューのアカウント情報をクリックして、サーバー情報を確認しましょう。

FTP情報を元にファイルをアップロード出来るようにFTP転送ソフトの設定をしていきます。FTP接続の他に、データの送受信を暗号化して通信出来るFTPS接続についても合わせて説明していきます。

FFFTPの設定

FFFTP起動

FFFTPを起動して、ホスト一覧にある「新規ホスト」をクリックします。以下より、FTP・FTPSのそれぞれの設定方法に分けて解説します。

FTP接続

FTP接続

ホストの設定名
お好きな名前を記入します
ホスト名
サーバー情報の「FTPサーバー」を記入します
ユーザー名
サーバー情報の「FTP・WebDAVアカウント」を記入します
パスワード
サーバー情報の「FTP・WebDAVパスワード」を記入します
ローカルの初期フォルダ
起動時にPCのどのフォルダからアップロードするかを記入します ※空欄でOKです
ホストの初期フォルダ
サーバーアクセス時にどのフォルダに接続するかを記入します ※空欄でOKです

「ローカルの初期フォルダ」「ホストの初期フォルダ」は特に指定がなければ空欄でOKです。

間違えないようにしたいのが、ホスト名でFTPSサーバーではなくFTPサーバーを記入する点です。このエントリーの場合では「ftp.example001.chu.jp」を記入します。

以上がFTP接続での転送設定ですが、ロリポップにはセキュリティ度の高いFTPS接続が可能なので、特に理由がなければ次の設定で転送するようにしましょう。

FTPS接続

FTPS接続

ホスト名
サーバー情報の「FTPSサーバー」を記入します
FTP接続と同じ箇所は、説明を省略します。ホスト名にFTPSサーバーをしましょう。このエントリーの場合では「users405.lolipop.jp」を記入します。

FTP接続 - 暗号化

次に、暗号化タブに移動して「FTPS(Explicit)で接続」にチェックを入れて、OKをクリックします。

FFFTP接続確認

これで設定は完了です。ホスト一覧に戻って「接続」をクリックすると、ロリポップサーバーにアクセスする事が出来ます。ウィンドウ左がローカル、右がサーバー上のファイルとなっています。

Filezillaの設定

Filezilla起動

FilezillaでもFTP・FTPSの両方で接続が出来ます。まずはFilezillaを起動して、ツールバーのファイルから「サイトマネージャ」をクリックします。

以下より、FTP・FTPSのそれぞれの設定方法に分けて解説します。

FTP接続

新規サイト追加 - FTP

ホスト
サーバー情報の「FTPサーバー」を記入します
プロトコル
「FTP – ファイル転送プロトコル」を選択します
暗号化
「使用可能なら明示的なFTP over TLSを使用」を選択します
ログオンの種類
「通常」を選択します
ユーザー名
サーバー情報の「FTP・WebDAVアカウント」を記入します
パスワード
サーバー情報の「FTP・WebDAVパスワード」を記入します

Filezillaでは「プロトコル」「ログオンの種類」の選択を間違えないようにしましょう。上記内容が記入出来たら「接続」をクリックして、サーバーにアクセス出来るようになります。

FTPS接続

新規サイト追加 - FTPS

ホスト
サーバー情報の「FTPSサーバー」を記入します
暗号化
「明示的なFTP over TLSが必要」を選択します
同じく、サイトマネージャから「新規サイト」をクリックしてサーバー情報を記入していきますが、FTPと違う点は「ホスト」と「暗号化」です。この2つを間違えないように注意!

Filezilla接続確認

FTP or FTPSのサーバー情報の記入が終わったら「接続」をクリックして、サーバーへアクセスします。ウィンドウ左がローカル、右がサーバー上のファイルとなっています。

ロリポップ!FTPでアクセスする

ロリポップFTP

ロリポップでは、ユーザー専用ページからサーバーにアクセスする事も出来ます。WEBツール項目内の「ロリポップ!FTP」をクリックします。

lolipop-server-ftp-setting-12

ブラウザ上でファイルの編集やアップロードが可能なので、初心者の方には便利です。ちなみにスマホで操作する場合は、サイト表示をPC版に切り替える必要があります。

MATO-MEMO

これでFTP設定は完了です。WordPressを手動インストールする時には、必要な作業なので覚えておきましょう。

管理人は「ロリポップ!FTP」を使った事がありません。ブラウザ上だとどうしても使いづらさがあるので、ファイル編集はPCで行ってます。

また、スマホだと画面表示が小さいので、タップミスが起こる可能性が高いです。データベースを必要とするWordPressは、1つのミスでサイトが表示されなる怖さもあります。

出来るだけ大きな画面、落ち着いて操作出来る環境でファイル編集を行った方がミスも少なくなります。

ロリポップサーバーにWordPress手動インストールする方法!

フレピュア 効果

この記事が役に立ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアクロニウムをフォローしよう!